Power automate desktopの使い方【Excelとchromeの連携】サンプル作ってみた

RPA powerautomatedesktop使い方

この記事はこんな人に読んでほしい!

  1. Power automate desktopの使い方が知りたい人
  2. Power automate desktopでエクセルやブラウザの操作を自動実行したい人
  3. Power automate desktopのマニュアルを見たい人
  4. Power automate desktopのサンプルが欲しい人
ラテ
Windows操作を自動実行できるアプリPower automate desktopの使い方がわかるように
Excelとchromeの連携サンプルを作成しました。
フロー作成の参考になると幸いです。

 

 

Power Automate Desktop とは

2021年3月3日よりWindows10ユーザーで個人利用なら無料で使えます。
ふだん人が手作業で実施している作業を、ロボットに自動実行してもらうことができるツールです。

詳しくはこちらの記事に書いていますので合わせて読んでみてください。

Power

この記事はこんな人に読んでほしい! Window操作を自動実行してみたい人 Window操作を自動実行するツールに興味ある人 RPAに興味がある人 Power Automate Desktopについて知り[…]

 

Excelサンプル(Excelの郵便番号からWeb検索して住所を取得し保存する)

この記事の使い方について Power automate desktop はインストール済の状態を想定しています。
インストール方法についてはこちらの記事を参照してください。

インストール手順はこちらの記事から

Windows操作を自動化できる無料ツール PowerAutomateDesktop をインストールする手順についてご案内します。 無料で使えるようになったWindows操作の自動化ツール(power automate deskt[…]

PowerAutomateDesktop【Windows操作を自動実行できる無料アプリ】のインストール手順

※この記事内の画像はクリック または タップすることで大きくすることができます。見にくい時は拡大して参照ください。

 

今回は実際に人が作業することを想定して、以下の”住所録”エクセルを用意しました!

エクセルには名前から郵便番号までが入力されていますが、住所が入力されていません
そこで、

エクセルの郵便番号”D2”をもとに、ネットで郵便番号を検索→住所を取得してエクセルに入力”E2~H2″→保存して閉じる。
までの一連の動作を自動化してみたいと思います。

実際にこのようなシチュエーションの作業を手作業で実施されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
それではシナリオを作っていきましょう。

 

 

 

 

シナリオ作成手順 Power Automate Desktop(使い方)

 

シナリオ作成手順

ということで、今回作成したい自動化の手順は以下の通りとなります。

  1. エクセルファイルを開く
  2. エクセルから郵便番号を取得
  3. ブラウザの郵便番号検索ページで郵便番号から住所を取得
  4. 住所をエクセルに設定
  5. エクセルを保存して終了

 

 

それでは作成していきたいと思います。
+新しいフロー をクリック!

 

 

 

今回のフロー名は、”住所録エクセルの住所更新”という名前をつけました。

 

 

 

 

手順1.エクセルファイルを開くフロー作成

エクセルファイルを開くアクションを追加する手順になります。

エクセルを起動したいので、エクセルの起動をアクションから選び Mainフローにドラッグアンドドロップして追加します。

 

 

 

 

ドキュメントパス に開きたいエクセルのパスを入力します。
今回は、さっき紹介した”住所録.xlsx”を設定。
”保存ボタン”ボタンをクリック!

 

 

 

 

これで”エクセルの起動”するアクションが作成されました。

このような操作でアクションを追加してシナリオを作成していく操作となります。
それじゃー引き続き同じ要領でシナリオを設定していきましょう!

 

 

 

手順2.エクセルから郵便番号を取得するフロー作成

次はエクセルから郵便番号を取得したいので、
Excelワークシートから読み取りのアクションを追加して、
先頭列:D
先頭行:2 を入力します。
これによりエクセルの ”D2” の値が読み込まれて、生成した変数に記載せれている ExcelData という変数に値が設定されることになります。

 

 

 

 

手順3.ブラウザの郵便番号検索ページで郵便番号から住所を取得するフロー作成

次はブラウザで郵便番号を入力して、検索結果を取得する手順になります。

手作業でこのフローを作成するのは大変なので、
“Webレコーダー”の機能を使って、実際に人の操作を録画させてシナリオを自動作成します。

“Webレコーダー”の起動

 

Chromeを選びます!

 

“Webレコーダー”の 記録の開始 をクリックするとブラウザで操作したオペレーションが記録されていきます。

 

chromeの郵便番号検索画面で、
①郵便番号に”105-0043”を手入力します。
②Webレコーダーにテキストを入力したアクションが追加されているを確認してください。
③該当地域を検索ボタンをクリックします。

 

 

 

検索結果が表示されたら住所を取得したいので、
都道府県の”東京都”部分を右クリックして要素の値を抽出→テキスト:(”東京都”) をクリックします。
これによりブラウザの値を取得出来ます。

 

 

続けて、市区町村 を取得

 

 

つづいて、町域 を取得

 

 

つづいて、フリガナ を取得

 

ブラウザの値が取得できたので、”Webレコーダー”の”終了”ボタンを押して記録を終了します。

 

 

Webレコーダーで記録した部分が追加されているのがわります。(コメント Webレコーダを使用して自動生成… の部分)

 

 

 

よく見るとボタンを押しますのアクションが2回設定されているので、7を削除しました。

 

 

 

7を削除しました。

これでブラウザからの値取得する部分は終わりです。

 

 

 

手順4.住所をエクセルに設定するフロー作成

先ほどのブラウザで検索して抽出した値は、
シナリオの7行目のWebページからデータを抽出するの OutputData にストアします と説明書きがされていますので、
OutputData変数の値をエクセルに設定します。

書き込む値に %OutputData% を指定します。 手入力しなくても {x} をクリックすることで変数の候補が出てきます。

列:E
行:2  を指定します。
これでブラウザで取得した値がエクセルの”E2″に設定されます。

 

 

 

 

 

手順5.エクセルを保存して終了するフロー作成

最後にエクセルを保存して終了させます。

Excelを閉じる前:ドキュメントを保存 を設定しておきます。

 

 

これでシナリオが完成しました。全部で10行のアクションが出来上がりました。
あとは、5番のアクションが、”150-0043″の固定値になっているので、エクセルから取得した値に置き換えます。

 

 

 

テキストフィールドに設定する値は アクション2 でエクセルの”D2″から取得した値 ExcelData変数 に変更します。

 

 

 

完成!

 

 

シナリオの作成が完成したので”実行”します

さーシナリオが出来たので実行してみましょう!実行ボタンクリック





→5秒ほどで完了!

 

 

 

エクセルを開いてみると

 

 

ラテ
やったー!できました。

 

住所取得が完璧に自動化できてます。!感動!
みていただいたとおり、シナリオ作成もWebレコーダーを使うことによって、専門知識もなくても簡単に作ることが出来ました。

Webレコーダーだけでなく、
パソコンの操作自体をシナリオ化してくれるデスクトップレコーダーも搭載されており
使い方の工夫次第では、ほぼ手作業を自動化出来ると思います。

 

 

 

今回のシナリオ作成のポイント

 

ラテ
ここがポイントです。

ブラウザから取得した 住所(都道府県、市区町村、町域、フリガナ)の値ですが、まとまって”OutputData”変数に格納されているの気づきましたか?
気になったのでどういう仕組みか確認します。

 

 

 

中身を見てみると、このようになっていました。
詳細のリンクをクリックします。

 

 

この画面が出てきて

 

さらに詳細設定をクリックすると以下の画面が出てきて
CSSセレクターはそれぞれ以下の値となっていました。
・html > body > div > div > div:eq(1) > div > div:eq(0) > div > div > table > tbody > tr:eq(1) > td:eq(1) > small
・html > body > div > div > div:eq(1) > div > div:eq(0) > div > div > table > tbody > tr:eq(1) > td:eq(2)
・html > body > div > div > div:eq(1) > div > div:eq(0) > div > div > table > tbody > tr:eq(1) > td:eq(3) > div > p > small > a
・html > body > div > div > div:eq(1) > div > div:eq(0) > div > div > table > tbody > tr:eq(1) > td:eq(3) > div > span > small

Webレコーダで値取得した時に、
自動でそのタグの位置を把握して4つの値として”OutputData”変数に設定してくれています。

なので、エクセルに値を設定すると、E列、F列、G列、H列の4つに値が展開されて設定されます。
この仕組みが今回のシナリオ作成のキモだとおもいます。

みなさんもエラーなどでシナリオ作成に詰まることがあるかもしれませんので、気になったらシナリオの詳細を確認してみてくださいね。

 

 

 

最後に

サンプルはいかがでしたか?
ExcelとChromeの連携はプログラミングなしのノーコードで作ることができました!
実際に使う場合はもう少し複雑なフローになるかと思いますが、工夫次第ではいろいろなオペレーションを自動実行できそうです。

ラテ
お疲れさまでした。無駄な作業は自動化して自由な時間を楽しみましょう!
その他の関連記事もありますのであわせてどうぞ
OCRサンプル

この記事はこんな人に読んでほしい! Power automate desktopの使い方が知りたい人 Power automate desktopでOCRを使ってみたい人 Power automate desk[…]

Power automate desktopの使い方【OCRで画像を読み込んでExcelに連携】サンプル作ってみた
PADとは

この記事はこんな人に読んでほしい! Window操作を自動実行してみたい人 Window操作を自動実行するツールに興味ある人 RPAに興味がある人 Power Automate Desktopについて知り[…]

最後まで読んでいただきありがとうございました。 ラテ@ライフテックブログ でした。